ホーム > 製品情報  > 調理家電 > JM-NFVH18A【11/22発売予定】

オーブンレンジ[スチーム(角皿・カップ式)] JM-NFVH18A【11/22発売予定】

動画公開中!

世界シェアNo.1だから
こそのコストパフォーマンス

世界No.1白物大型家電ブランドのスケールメリットでこだわりの品質とお手頃価格を両立した製品を提供

すばやくあたため最大出力900W※1

すばやくあたため最大出力900W※1

※1 900Wは単独では選べません。

『2Way簡単スチーム』

『2Way簡単スチーム』

角皿を使う方法と専用スチームカップを使う方法が選べる。

  • JM-NFVH18A
  • RoHS
  • ハイパワー
  • 待機時消費電力ゼロ
  • 総庫内容量18L
  • フラットタイプ

 

『2Way簡単スチーム』調理

・角皿の場合(オーブン・グリル調理に)
 茶碗蒸しなどの器に入ったものは『角皿』に水を張って調理する事で「す」や「焦げ」が少なく仕上がります。
・スチームカップの場合(レンジ調理に)
ハイアールオリジナルの『スチームカップ』を使用すれば、スチームを使って様々な食品を調理する事が可能です。

 

スチームで美味しい!トーストメニュー

専用『スチームカップ』を使って外は「サクサク」中は「しっとり」一度に4枚まで焼ける『トースト』メニュー※トーストは途中で裏返しが必要です。

 

約48%省電力で簡単エコ煮込みメニュー※

材料を一度に全部入れてボタンを押すだけで、手間なく調理が可能
※当社JM-NFVH18A手動運転時(1)と自動メニュー[8]エコ煮込み(2)との比較において。
(1)1Lの水を800W2分、600W10分、300W46分加熱、合計58分動作した際の消費電力値1.09kWh。

 

出力6段切替

800W※・・・すばやくあたため
600W・500W・・・冷凍食品などのあたため
300W・・・煮込み料理に
200W・・・解凍
150W・・・半解凍
※短時間高出力機能(最大2分)であり、800Wの連続運転は出来ません。

 

その他ポイント

・『温度センサー・湿度センサー』で冷凍ごはんや肉まんなどもあつあつにムラを抑えてあたため可能
・『本格オーブン250℃』でお菓子作りも楽しめる
・庫内フラットでお手入れ簡単

概要

品番 JM-NFVH18A
シリーズ Haier Live Series
種類 ,オーブンレンジ,,,,,オーブンレンジ[スチーム(角皿・カップ式)]
外形寸法(mm) 幅485×奥行き370(取っ手含411)×高さ302
質量(kg) 11.8
総庫内容量 18
加熱室有効寸法(mm) 幅283×奥行き322×高さ192
メーカー希望小売価格 オープン価格 ※オープン価格商品の価格は、販売店にお問い合わせ下さい。
電源コード(m) 1.5
JANコード 4562117086408(W/ホワイト)

仕様

オーブン部温度調節範囲 35℃・40℃(発酵)、100~250℃※220~250℃の運転時間は最大5分であり、その後自動的に210℃に切り替わります。
待機時消費電力ゼロ
発振周波数(MHz) 2450
自動あたため
庫内 フラット型
ボタン マイコン式
区分名 B
周波数 ヘルツフリー
付属品 角皿(外寸:294mm×294mm)、スチームカップ(横幅約74mm×高さ35mm)
年間消費電力量50Hz/60Hz (kWh/年) 72.6(レンジ機能 62.0・オーブン機能 10.6)
※年間消費電力量は省エネ法・特定機器「電子レンジ」新測定法による値を表示しております。
年間待機時消費電力量(kWh/年) ゼロ ※(一社)日本電機工業会自主基準による、待機時消費電力測定値「0.0W」を示す。
グリル・オーブン定格消費電力(W) グリル:830/オーブン:1380(50/60Hz)
電子レンジ定格消費電力(W) 1370/1370(50/60Hz)
目標年度2008年度省エネ基準達成率(%) 101
電子レンジ出力(W) 900(*1)・800(*2)・600・500・300・200相当・150相当 *1 出力6段階切替可能。900Wは単独では選べません。*2 自動メニューのあたためなどに働く短時間高出力機能(最大2分)であり、調理中自動的に600Wに切り替わります。連続調理は出来ません。

性能

その他

グリーン購入法適合商品
RoHS対応

寸法図(mm)

JM-NFVH18A
ファイル名 ファイルサイズ ダウンロード
JM-NFVH18A 3.32MB DOWNLOAD

ご注意:
本ウェブサイト上に公開されている取扱説明書等は、原則として発売当初のものを掲載しております。弊社では、製品改良のため製品の仕様等を予告なく変更することがあり、公開されている取扱い説明書の内容がお客様が購入された製品と異なることがございます。製品と取扱説明書に相違等があり、ご使用方法がわからない場合は、大変恐れ入りますが、ハイアールお客様相談窓口までお問い合わせ下さい。