サポート情報
ホーム サポート情報節電のポイント
停電/災害/節電時の家電製品のお取り扱いについて

節電のポイント

冷蔵庫の節電のポイント

ドアの開閉は少なく、素早く

ドアの開閉が多いと、その度に冷気が外に逃げてしまい電気のムダづかいになります。
食品の出し入れはできるだけまとめてドア開閉の回数を少なくし、素早くおこないましょう。
常に庫内を整理整頓しておくと食品の出し入れが素早くできます。

熱いものは冷ましてから入れる

食品を熱いまま入れると庫内の温度が上がり電気のムダになる上、周りの食品にも悪い影響を与えます。
冷蔵庫に食品を入れるときは、熱をとってから入れましょう。

食品を詰め込みすぎない

冷蔵庫に食品を詰めこみすぎると冷気の循環が悪くなり庫内が均一に冷えなくなる上、冷却力も低下し、余分な電気を使うことになります。
理想的な量は冷蔵庫の奥の壁が見える程度。
それを目安に適度に隙間をあけて保存しましょう。

製品周囲の隙間をあけて正しく設置

食品を冷ますときに出た熱が放出できないと電気をムダに使うことになります。
冷蔵庫を設置するときは、適度な隙間をあけて置きましょう。
詳しくは取扱説明書でご確認ください。
また、直射日光があたる場所はガスコンロなど熱を発するもののそばには設置しないようにしましょう。

傷んだドアパッキングは取り替える・ドアはしっかり閉める

ドアパッキングが傷んでいるとドアがしっかり閉まらず、冷気が逃げて庫内の温度上昇をまねきます。
パッキングをチェックしてドアに隙間がないかチェック。
開閉の際もドアはしっかり閉めましょう。

※名刺などをはさんで落ちてしまったら、ドアパッキングを替えてください。

定期的にお手入れしましょう

冷蔵庫の背面などにほこりがついていると、放熱が悪くなります。
こまめにお手入れしましょう。
お手入れの仕方については、取扱説明書でご確認ください。

冷凍庫の節電のポイント

食品などを隙間なく詰める

冷蔵庫は隙間が多ければ多いほど節電につながりますが、冷凍庫はその逆。
食品などを庫内にできるだけ詰めこみ、隙間を少なくする方が節電になります。
スペースに余裕がある時は、蓄冷材(保冷剤)を入れましょう。
停電や緊急時に保冷剤として使えます。

熱いものは冷ましてから入れる

食品を熱いまま入れると庫内の温度が上がり電気のムダになる上、周りの食品にも悪い影響を与えます。
冷凍庫に食品を入れるときは、しっかり熱をとってから入れましょう。

ドアの開閉は少なく、素早く

ドアの開閉が多いと、その度に冷気が外に逃げてしまい電気のムダづかいになります。

洗濯機/洗濯乾燥機の節電のポイント

まとめて洗って、回数を少なく

少ない量の洗濯物を数回にわけて洗うより、洗濯機の容量に合わせてまとめ洗いをした方が、節電&節水につながります。

洗濯物の入れすぎに注意

容量を越えて洗濯物を入れると衣類の回転が悪くなり、消費電力が多くなります。
乾燥する場合も、入れ過ぎると長い時間がかかったり、乾きムラができたりします。
注意しましょう。

洗剤は適量を

適量以上に洗剤を入れるとすすぎに時間がかかり、電気や水をムダに使ってしまいます。
洗剤は適量を。
洗剤をたくさん使ったからと言って洗浄力が増すわけではありません。

乾燥機は自然乾燥と併用

ある程度自然乾燥をおこなってから、仕上げに乾燥機を使うなど、併用すれと節電につながります。

乾燥フィルターのこまめにお掃除

洗濯乾燥機の乾燥フィルターが目詰まりすると乾燥に時間がかかり電気のムダになります。

電子レンジの節電のポイント

食品は中心よりも外側に

ターンテーブルに食品を置くときは、ターンテーブルの真ん中ではなく外側に置きましょう。
食品が多く回転するため熱伝導がよくなり、早く解凍・あたためができます。

上手に使って、節電を

ごはんは炊飯器で長時間保存するより、その都度電子レンジであたためた方が節電になります。
また、煮込み料理などの野菜は電子レンジで下ごしらえをすれば時短&節電になります。
電子レンジを上手に使って、省エネ&節電にトライしてみましょう。